くまくま日記

アクセスカウンタ

zoom RSS 擦り傷ってどう治す?

<<   作成日時 : 2007/10/04 22:02   >>

ブログ気持玉 0 / トラックバック 0 / コメント 2

   秋の運動会シーズン、転んで擦り傷などの怪我にお気をつけくださいね。

 さて、昔から擦り傷は乾かして治すと言われておりましたが、最新の医療では少々違うようです。 怪我をして、傷を良く洗い、消毒薬と傷薬を使う、ここまでは同じなんですが、今は「傷を乾かさない」のが主流になりつつある様です。

  理由は「皮膚が新生する環境を整える」事だそうで、擦り傷などから止血後に「黄色い液体」がにじみ出てきます、これ実は皮膚の材料なんです。 また、乾燥していては皮膚は再生できません、したがってなるべく空気を遮断して感染をふせぎつつ乾燥を防ぐのが良い様です。
 最新の傷絆創膏の一種に「治るまで剥がさない」タイプの物も登場してきている程です。
 一見「かさぶた」ができると治った様にみえますが、実は傷自体は開放している状態で、かさぶたの中で化膿している事もままありますから。

 怪我の程度にもよりますが、不衛生な場所での怪我の時は、1:傷を水道水でよく洗う。 2:少な目の消毒薬を使う(あまり大量に使うと傷が荒れて回復が遅れる事が有るようです) 3:必要に応じて抗生物質の軟膏を使用 3:普通の傷絆創膏を使用する際には1日に2回は新しくする、せめて毎日交換しましょう。 4:傷の周りの赤みが取れたなら抗生物質の軟膏から「亜鉛化軟膏」に切り替え傷の再生、回復を促す。  (注: 亜鉛化軟膏には傷の回復、組織の再生を促す効果があると言われています)

  間違っても「かさぶた」を作って、それを剥がすのを趣味にしない様に致しましょうね〜。

月別リンク

ブログ気持玉

クリックして気持ちを伝えよう!
ログインしてクリックすれば、自分のブログへのリンクが付きます。
→ログインへ

トラックバック(0件)

タイトル (本文) ブログ名/日時

トラックバック用URL help


自分のブログにトラックバック記事作成(会員用) help

タイトル
本 文

コメント(2件)

内 容 ニックネーム/日時
自分も乾燥させたほうがいいと思ってました。
そのほうが男らしい気もしたし。
久しぶりに擦り傷作って、ふと思いついてネットで調べたら逆なんですね。
ネットが無かったらずっと勘違いしたまんまだったんだろうなぁ。
すず
2007/11/18 15:24
すずさん: いらっしゃいませ、医療の最前線では、昨日までの治療法が180度転換する事が多々あります。毎日が勉強ですね〜。
くまくま
2007/11/18 19:33

コメントする help

ニックネーム
本 文
擦り傷ってどう治す? くまくま日記/BIGLOBEウェブリブログ
文字サイズ:       閉じる